現役美容師が紹介するカラートリートメントの効果やおすすめの使い方をご紹介

カラートリートメント

カラートリートメントとは?

【結論や要点】
カラートリートメントは、髪に色をつけると同時にヘアケアもできるアイテムです。
普通のヘアカラーよりも髪に優しく、自宅で簡単に使えます。
ただし、髪を明るくすることはできません。

【理由や根拠】
普通のヘアカラーは化学反応で髪の内部を染めますが、カラートリートメントは髪の表面だけを染めるため、髪へのダメージが少ないです。
また、染料が髪に直接浸透しにくいため、健康な髪ほど染まりにくい特性があります​​​​。

【事例や誰でも分かる簡単な例え話】
カラートリートメントを使うのは、お絵かきで紙に色をつけるようなものです。
紙(髪)を守りながら、色をのせるのです。
一方、普通のヘアカラーは、紙にインクをしみ込ませるような感じで、紙の内部まで色を変えるのです。ここが大きな違いです。

【結論のまとめ】
カラートリートメントは、髪に優しく色をつけたい人や、白髪を目立たなくしたい人に適しています。
しかし、髪を明るくしたい人や、はっきりとした色の変化を求める人には向いていません。
色持ちは短く、健康な髪には染まりにくいですが、髪へのダメージが少なく、使いやすいのが大きなメリットです​​​​。

このように、カラートリートメントは髪への優しさと手軽さを求める人にぴったりの選択肢ですが、その特性を理解して使うことが重要です。

カラートリートメントって効果ない?

カラートリートメントに関する疑問「効果がない?」に対して、結論から言うと、カラートリートメントは効果が全くないわけではありませんが、使い方や期待する効果によって感じ方は大きく異なります。

【結論や要点】
カラートリートメントは、正しい使い方をすることで、白髪の隠蔽や髪色の補強に効果があります。
しかし、髪を明るくする効果は期待できませんし、一部の人には色が十分に入らないこともあります。

【理由や根拠】
カラートリートメントは髪の表面に色を付けるものであり、髪の内部に色を浸透させることはありません。
そのため、髪に対するダメージは少ないですが、色の持続性には限界があり、定期的な再塗布が必要です。
また、正しい使い方をしないと、色がうまく付かないこともあります​​​​​​。

【事例や誰でも分かる簡単な例え話】
カラートリートメントを使うことは、髪に色付きリップクリームを塗るようなものです。
表面に一時的な色を与えることはできますが、時間が経つと色は薄れていきます。
また、リップクリームを均一に塗らないと、所々色が濃くなったり薄くなったりします。
同様に、カラートリートメントも均一に塗布しないと、ムラになることがあります。

【結論のまとめ】
カラートリートメントは、髪や頭皮への負担が少なく、自宅で簡単に髪色を補強できる手軽なアイテムです。
しかし、期待する効果が高い場合や、髪質によっては十分な結果が得られないこともあります。
そのため、カラートリートメントを選ぶ際は、製品の特性をよく理解し、自分の髪質や目的に合った使い方をすることが重要です​​​​​​。

カラートリートメントを効果的に使用するには、正しい塗布方法を守り、定期的な再塗布を心掛けることが大切です。
一度に期待する効果が高い場合は、サロンでのプロの施術を受けることが最も効率的ではあると思います。

カラートリートメントを美容師が嫌がるその訳とは

美容師である私たちがカラートリートメントを嫌がる主な理由は、その使用が美容院でのカラーリング施術に影響を与える可能性があるためです。
カラートリートメントは髪の表面を着色し、美容室でのカラー施術時に思ったような色にならないことがあります。
また、カラートリートメントの色が髪に残っていると、美容院で希望の色味に染めることが難しくなることもあるため、基本的に私たちはその使用を避けることを推奨しています​​​​。

カラートリートメントはブリーチやライトナー(色を明るくするだけのカラー材)では落とすことができないため、不自然な色や色ムラが生じた場合、その状態が続くことがあります。
カラートリートメントで髪を染めると、自然に色が落ちるまで待つ必要があり、これが美容師がカラートリートメントを嫌がるもう一つの理由です​​。

しかし、美容師がカラートリートメント自体を嫌っているわけではなく、美容院での施術前に使用を控えるか、美容師にカラートリートメントの使用事実を伝えることで、問題を回避できる場合があります。
ヘアカラー施術の2〜3週間前にはカラートリートメントの使用を控え、施術時にはカラートリートメントを使ったことを美容師に伝えていただければまだ施術のやりようがあるのです​​。

カラートリートメントの正しい使い方【お風呂】

カラートリートメントをお風呂で使う場合、正しい手順とコツを押さえておくことが大切です。
ここでは、簡単な手順と役立つコツを紹介します。

【カラートリートメントの基本手順】

①シャンプー後に染める: シャンプーをした直後がカラートリートメントを使うベストなタイミングです。
この時、リンスやトリートメントを使わないようにしましょう。(リンスなどをしてしまうとカラーの色が乗りにくくなるため)
髪の毛が濡れすぎているとカラーの効果も若干薄まってしまいますので、しっかりとタオルドライしてからカラートリートメントを塗るようにしましょう。
そうする事で、カラートリートメントの色の乗り具合や、液が顔に垂れる心配もありません。

②置き時間の守り方: 濡れた髪にカラートリートメントを使用する場合、置き時間はおよそ10分が目安です。
この間、シャワーキャップを使うと良いでしょう。
※時間を置けば置くほど色乗りが良くなるものではありません

③しっかり洗い流す: 置き時間後は、カラートリートメントをしっかりと洗い流します。
髪全体をほぐしながら洗い流すと、根元に残りにくくなります​​。

【カラートリートメントを上手に仕上げるコツ】

・タオルドライは丁寧に: シャンプー後のタオルドライをしっかりと行い、髪の水分を適度に取り除くことが大切です。
髪が濡れすぎるとカラートリートメントが流れやすくなり、十分な効果が得られない可能性があります。
尚、使用するカラートリートメントによってはタオルに色が移ります。
使用したお色と同系色のタオルを使用することを推奨します。

・ブラシを使って均一に塗る: 手で塗るよりも、ブラシを使って根元から均一に塗布することで、塗りムラを防ぎます。
サロンのように美容師さんが使うブラシやコームを使用すると、より一層キレイに仕上がります​​。
私のおすすめは目の粗いコームです。これを使用することで塗布時の髪のダメージを軽減します。

【カラートリートメントのメリット】

・手軽さ: カラートリートメントは、サロンでのトリートメントとカラーリングを自宅で手軽に行えるため、時間と費用を節約できます。

・髪や肌への負担軽減: 通常のカラー剤に比べて髪や頭皮への負担が少ないため、髪のダメージや頭皮の荒れを心配する必要がありません​​。

カラートリートメントは、正しい使い方をすれば、美しい髪色を長持ちさせることができます。
手順を守り、上手に染めるコツを活用して、お風呂の時間を有効に使いましょう。

カラートリートメントがよく染まる方法

カラートリートメントで髪をきれいに染めるためには、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。
まず、カラートリートメントを使用する前に、①髪を丁寧にブラッシングして絡まりを解きほぐし、汚れを取り除くことが重要です。
②染める際は、白髪の気になる部分に特に注意を払い、1cm幅のスライスを取りながら丁寧にトリートメントを塗布してください。
塗布後は、指定された時間よりも少し長めに置いておくと、色の定着が良くなります​​。

カラートリートメントのメリットとしては、髪を補修する成分が含まれており、髪を傷めずにケアしながら染めることができる点です。
また、敏感肌の方にも安心して使用できる成分が配合されているため、肌に優しいという特徴があります。
自宅で簡単に使用できる手軽さも魅力の一つです​​。

一方で、カラートリートメントには即効性が弱く、理想の色に染まるまで継続して使用する必要があるというデメリットがあります。
また、色持ちが短いため、定期的に使用し続けることで色を維持する必要があります。
さらに、黒髪のような暗い髪色の場合、明るい色に染めたいときは、カラートリートメントでは効果は出ず、あらかじめ髪を明るくするなどの処理が必要になります​​。

使用方法に関しては、カラートリートメントは通常、シャンプー後の濡れた髪に塗布し、指定された時間置いた後に洗い流します。
この際、塗布する量や時間髪の状態によって染まり具合が異なるため、商品の指示に従いながら、自分の髪質や染めたい色に合わせて調整することが大切です。
また、色持ちを良くするためには、カラートリートメントと同じブランドのシャンプーを使用すると良いでしょう。
ただし、シャンプーは過度に行わないよう注意し、1日1回程度に留めておくと良いです​​。

ヘアカラー後のカラートリートメントのおすすめの使用法

ヘアカラー後のカラートリートメント使用法について、以下のポイントをおさえて美しい髪色を保ちましょう。

【結論や要点】

ヘアカラー後のカラートリートメントは、色持ちを良くし、ダメージケアを行い、次のカラーがきれいに染まるために重要です。
トリートメントは髪をコーティングしてダメージから守る役割がありますが、適切な製品選びが必要です​​。

【理由や根拠】

ヘアカラーによるアルカリ成分の残留は、髪のダメージの原因になります。
一般的にヘアカラーのダメージと呼ばれるものは、髪の毛が弱酸性なのに対し、このアルカリが原因です。
専門的なヘアケアで「残留アルカリ」を中和し、髪を弱酸性に戻すことが重要です。
尚、市販のトリートメントと比べ、美容院のトリートメントは最新のケア成分を多く含み、髪の内部ケアを重視しています​​。

【事例や誰でも分かる簡単な例え話】

例えば、新しい靴を履いて外出する際に、靴を守るために防水スプレーをかけるように、ヘアカラー後の髪もトリートメントで保護することが大切です。
トリートメントは髪の「防水スプレー」のような役割を果たし、外的ダメージから髪を守り、美しい状態を長く保ちます。

【結論のまとめ】

ヘアカラー後のカラートリートメントは、適切な製品選びと正しい使用法により、髪のダメージを軽減し、美しい髪色を長持ちさせるために必要です。
色持ちを良くするためには、美容院でのプロフェッショナルなトリートメントが効果的ですが、市販のトリートメントでも日頃のケアを心がけることが大切です。

私がオススメするカラートリートメントをご紹介

【サイオス カラートリートメント】

サイオス カラートリートメントとは?

サイオス カラートリートメントは、わずか5分の放置時間で手軽に白髪を染め上げることができる製品です。
セルフケアを好む人々から、サロンと併用する人々まで、その使いやすさと染め上がりのパフォーマンスで広く支持されています。
特に、白髪が目立ち始めた30代から60代までの幅広い年齢層に選ばれており、白髪染め初心者にも使いやすいトリートメントタイプとして人気です。

サイオス カラートリートメントを使うことによる効果とは?

サイオス カラートリートメントの最大の特徴は、たった一回の使用でしっかりと白髪を染め上げることができる点です。
この製品は、長年の毛髪研究から得られた知見を活かし、異なる種類の染料を独自のバランスで配合しています。
その結果、カラートリートメントでありながら、高い染色性能を実現しています。
また、ダブルケラチン配合により、髪のダメージを補修しながら染めることができ、サロン帰りのようなツヤのある髪に仕上がります。

サイオス カラートリートメントの口コミや評判は?

サイオス カラートリートメントは、使用者の86%が使用感に満足しているというデータがあります
特に、白髪が目立ち始めた30代のユーザーが前年比で約10%増加しており、その手軽さと効果の高さが口コミを通じて広がっています。
また、ピンクと黒を基調としたパッケージデザインも、白髪ケアを始める年代の女性に好評で、白髪染めに見えないおしゃれな外観が支持されています。

サイオス カラートリートメントの価格は?

サイオス カラートリートメントの価格はオープン価格となっており、購入する店舗やプラットフォームによって異なります。
複数の販売店を比較して最適な価格で購入することをお勧めします。

サイオス カラートリートメントの発売日は?

サイオス カラートリートメントの発売日は2017年10月7日で、2022年の3月14日に追加発売がされています。

サイオス カラートリートメントの販売店は?

サイオス カラートリートメントは、全国のドラッグストアをはじめ、Amazonや楽天市場などのオンラインプラットフォームでも購入することができます。
これにより、購入を希望する顧客は自宅にいながら簡単に製品を手に入れることが可能です。また、各販売店での価格や在庫状況を比較することで、よりお得に購入することができるでしょう。

結論、カラートリートメントやめた方がいい?

結論から言うと、カラートリートメントをやめるべきかどうかは、個々の状況や髪の状態、個人の好みによります。
カラートリートメントには確かにデメリットもありますが、そのデメリットを上回るメリットもそれなりに多く存在します。

【理由や根拠】

カラートリートメントは髪表面に着色し徐々に白髪を染めていきますが、一度にしっかりと染めることはできません。
定期的な使用が必要で、色落ちも早めです。
また、使用方法が不適切だと、紫色の色素が沈着してしまう可能性があり、美容院での施術に影響を及ぼすこともあります。
しかし、低刺激で頭皮に優しい成分を使用しているため、敏感肌の方やジアミンアレルギーの方にも適している場合があります​​​​。

【事例や誰でも分かる簡単な例え話】

例えば、新しい白いTシャツを着るとき、汚れやシミが目立たないように気をつけるのと同じで、カラートリートメントを使う際も、そのメリットとデメリットを理解し、適切に使用することが大切です。
継続的に使うことで少しずつ髪色を保ちつつ、髪や頭皮へのダメージを最小限に抑えることができますが、使用頻度や方法に注意が必要です。

【結論のまとめ】

カラートリートメントの使用は、その利便性と低刺激性から多くの人に選ばれていますが、すべての人に最適なわけではありません。
髪の健康や美容院での施術への影響、染色の持続性などを考慮し、自分のライフスタイルや髪の状態に合わせて選択することが重要です。
カラートリートメントを続けるかやめるかは、それぞれのメリットとデメリットを理解し、自分にとって最適な選択をすることが大切です。
私個人の意見としましては「こまめに使用できる、メンテナンスができる自信がある方」にはいいと思いますが、お仕事などで時間の余裕が余りない方などは美容室で定期的にヘアカラーをするのがいいのではないかと思います。